社用車をぶつけたので会社に内緒でこっそり修理する方法

車の補修をする男性 仕事

この記事はプロモーションを含みます

  1. 自力でこっそり社用車を修理するメリット
    1. まずは基本的なアプローチ方法を知る
  2. 丁寧にタッチアップペイント
    1. タッチアップできれいに仕上げる方法
  3. 自分で部品交換
    1. 交換がオススメの場合や補修が難しいケース
    2. 傷ついたパーツを自分で交換
    3. 自分で交換がめんどくさい・難しい場合はこの方法がおすすめ
  4. ドアパンチや小さな凹みにおすすめのデントリペア
    1. デントリペアの特徴
      1. 1. 簡単な修復プロセス
      2. 2. 費用効率が高い
      3. 3. 環境に優しい
      4. 4. 元通りの外観
    2. デントリペアの注意点
      1. 専門家に依頼すること:
      2. 修理可能なデントか確認すること:
      3. 修理のコストを明確にすること:
      4. 修理期間を確認すること:
  5. もはや趣味?自力で塗装する方法
    1. 修理プラン
    2. 比較的深いキズの塗装
      1. 表面の準備:
      2. 塗料の選択:
      3. 均一な塗装:
    3. プロの板金から塗装仕上げまでの手順
      1. 損傷部分の評価
      2. 部品の取り外し
      3. 板金作業
    4. 下地処理(サンディング)
      1. 下地処理の手順
    5. サンディングのテクニック
      1. 適切なサンドペーパー選択:
      2. 均一な圧力:
    6. 水研ぎ:
      1. 水研ぎの番手とその使用目的
    7. 水研ぎの注意点
    8. パテ作業
    9. 脱脂作業
    10. 足付け
    11. プライマー(サフェイサー)塗布
      1. 表面のクリーニング
      2. マスキング
    12. 塗装の手順
      1. サフェーサー(サフェイサー)
      2. ベースカラー
      3. クリアコート
    13. 最終研磨
    14. ポリッシング
      1. 最終的なクリーニングとワックスがけ
      2. 部品の取り付け
    15. まとめ
  6. 社用車のこっそり修理:成功のための注意点とベストプラクティス
    1. 注意点
      1. 安全第一:
      2. 正確な診断:
      3. 品質の材料と道具:
    2. ベストプラクティス
      1. 丁寧な下地処理:
      2. 均一な塗装:
      3. 適切な乾燥時間の確保:

自力でこっそり社用車を修理するメリット

自力でぶつけてしまった社用車をこっそり修理する最大のメリットは、上司や会社の煩わしい手続きや叱責を回避するためです。本格的な鈑金塗装は高額な修理費がかかることがありますが、自分で修理することでその費用を大幅に減らすことが可能です。

しかし、ばれないように自力での修理は高度な知識と技術が必要となるケースも多々あります。そのため、元自動車整備士のブログ管理人が短期間でプロに修理してもらう方法も解説します。

紹介する方法は、事故や損傷の事実を会社や同僚に知られずに済むため、プライバシーを守ることができます。

まずは基本的なアプローチ方法を知る

プロレベルの修理を自力で実現するためには、適切なツール、材料、そして正確な技術が必要です。それぞれのアプローチと整備工場に依頼する方法を詳しく解説します。

自力での修理は簡単なパーツ交換や比較小さな傷や凹みの場合に限ります。

えくぼを超える凹みや手のひらサイズに近いキズはバレる可能性が高いです。

車に詳しくなくても修理に必要なものは下記サイトで調べることができます。

ソフト99オンラインショップで車のカラーナンバーや補修方法と必要ツールを調べよう

丁寧にタッチアップペイント

難易度2.0
コスト2.0
時間5.0

車のタッチアップペイントは、小さな傷をタッチアップペンというマネキュアのような形状の塗料の入った補修用の筆で修復し、車の外観を改善するための便利な方法です。以下は、傷を目立たなくするための詳細な手順とその利点です。

タッチアップできれいに仕上げる方法

マスキングを行い丁寧に行うことで傷を目立たなくできます。ひっかき傷のような小さな傷や目立ちにくい場所はタッチアップペイントで仕上げましょう。

  1. コンパウンド細目で磨く
  2. 耐水サンドペーパーで磨く
  3. シリコンオフで油分・汚れを落とす
  4. マスキングおよび、塗装の重ね塗り
  5. 乾燥
  6. 耐水サンドペーパーとコンパウンド細目で研磨
  7. コンパウンド極細→液体コンパウンドの順に仕上げる

ソフト99公式サイトで傷の場所や程度を選ぶと必要な補修用品が抽出できます。

車種を選んでカラーを特定したらオンラインで必要なものが手に入ります。

↓補修方法も写真付きで分かりやすく解説されています↓

自分で部品交換

車の部位や傷の大きさによってはパーツを取り換えしたほうが良いケースがあります。手のひらサイズ以上の傷や凹みや目立ちやすい箇所は部品交換も検討しましょう。また車種や部位によっては色を塗る補修ができないことがあります。

交換がオススメの場合や補修が難しいケース

  • フロントバンパーやリヤバンパーなど交換が容易で傷が大きい場合
  • 未塗装部品(表面に塗装がされていないバンパーなど)
  • ヘッドライトやテールレンズなどの部位
  • 電動格納ドアミラーなどで機能が作動不良を起こしている場合
  • タイヤのホイールやホイールキャップなど車のボディと違う塗装の場合
  • ガラスの傷など

傷ついたパーツを自分で交換

難易度4.0
コスト3.0
時間4.0
 

評価と選択: 修理が必要な部品を特定し、交換が必要か修理が可能かを評価します。交換が必要な場合は、品質と互換性に注意して新しい部品を選びます。

よく営業車に使われているバンや軽のフロント・リヤバンパーは比較的交換しやすいです。

塗装付きのものは新品を使うと光沢がありバレるかもしれません。

適切なツールの使用: 部品交換には、適切なレンチやドライバーなど、正しいツールが必要です。ツールセットを揃え、各部品に適したツールを使用します。

手順の確認: 部品交換の手順は車種によって異なるため、サービスマニュアルやオンラインのリソースを参照して正しい手順を確認します。

  • 事前に交換方法をチェックする
  • 必要なツールが簡単に入手できるかチェックする
  • 新品の塗装済みパーツは色味や光沢が変わることに注意する。

よく分からない場合は以下の方法がオススメです。

自分で交換がめんどくさい・難しい場合はこの方法がおすすめ

元自動車整備士の管理人が解説する初心者にもやさしい方法

難易度2.0
コスト3.0
時間5.0

  1. 事前に整備工場に交換可能か見てもらう
  2. 整備工場に交換時間を確認する
  3. 同じくらいの年式の中古パーツを探すor探してもらう
  4. 短時間で交換可能な場合は塗装済みの同色中古パーツを手配するorしてもらう
  5. 整備工場で予約を取って交換してもらう

この方法なら短時間でコストを抑えて同年式のパーツと入れ替え可能です。

交換パーツの廃棄など考えるとこの方法が一番いいと思います。

ドアパンチや小さな凹みにおすすめのデントリペア

難易度3.5
コスト4.0
時間4.0

車のボディにデント(へこみ)がある場合はデントリペアがおすすめです。デントリペアは、自動車のボディに生じたへこみを再塗装することなく特殊なツールでもみだし修復し、元の美しい外観を取り戻すための技術です。

高度な技術を要するため自力で行うことは推奨されません

デントリペアの特徴

1. 簡単な修復プロセス

デントリペアは、一般的な塗装修復と比べて簡単なプロセスです。専門家は特殊なツールや技術を使用して、デントを修復し、塗装を再び塗り直す必要がないため、修復作業が迅速に進行します。

簡単なものなら15分程度で終わることもあります。

2. 費用効率が高い

デントリペアは、車の塗装を再塗装する必要がないため、塗装修復に比べて費用効率が高いです。これにより、車の修理費用を抑えることができます。

3. 環境に優しい

デントリペアは、再塗装に比べて環境に優しい方法です。再塗装には有害な化学物質が使用され、大気汚染を引き起こす可能性がありますが、デントリペアではそれらの化学物質を使用しないため、環境にやさしい選択肢と言えます。

4. 元通りの外観

デントリペアを専門家に依頼すれば、車の外観を元通りに修復できます。デントやへこみが目立たなくなり、車の美しさを取り戻すことができます。

デントリペアの注意点

専門家に依頼すること:

デントリペアは専門的な技術とツールが必要な作業です。DIYで行う代わりに、信頼性のある専門家に依頼しましょう。専門家は適切な修理方法を提供し、最良の結果を得るために経験と知識を持っています。

修理可能なデントか確認すること:

すべてのデントがデントリペアで修復可能とは限りません。デントの大きさや位置によっては、塗装修理が必要な場合もあります。専門家に相談し、修理可能かどうかを確認しましょう。

残念ながら塗装に傷があったり擦り傷などは対応できません。

修理のコストを明確にすること:

デントリペアの費用はデントの大きさや場所によって異なります。修理前に修理の見積もりを取得し、料金を明確にしておくことが重要です。隠れた費用が発生しないように気を付けましょう。

修理期間を確認すること:

デントリペアは通常、比較的短時間で完了しますが、修理にかかる期間を確認しておくことが大切です。必要に応じて代替車両を手配することを検討するか、日常のスケジュールに合わせて計画を立てましょう。

興味のある方向けに自力での塗装も紹介しておきます。

もはや趣味?自力で塗装する方法

大きな凹みがある場合は鈑金と呼ばれる金属を平らに整形して形を整える作業が必要です。この場合はおとなしく修理工場に依頼しましょう。ここで説明する塗装とはあくまで小規模のキズの補修を想定しています。

難易度5.0
コスト3.0
時間4.5

修理プラン

軽度の擦り傷: 表面的な擦り傷は、研磨剤を含むワックスやポリッシュで磨くことで修正できます。これにより、傷を目立たなくし、輝きを取り戻します。

まずはコンパウンドで磨いてみよう。薄いキズならきれいになります。

深い擦り傷: 深い擦り傷は、サンドペーパーで傷の周囲を軽く研磨し、パテを使用して平滑化した後、塗装工程を行います。この場合、下地処理が重要になります。

比較的深いキズの塗装

表面の準備:

塗装前には、対象部分を清掃し、サンディングで表面を平滑にします。これにより塗料の密着を向上させます。

塗料の選択:

車の元の色と一致する塗料を選びます。品質の高い自動車用塗料を選ぶことで、耐久性と見栄えが向上します。車検証でカラー番号を確認して同じものを選びます。

プロは本来は調色を行い車両のカラーに合った塗料を調合します。

目立ちやすい部位はプロに任せよう

均一な塗装:

塗料は薄く均一に何層かに分けて塗ります。間隔を空けて乾燥させることで、滑らかで光沢のある仕上がりになります。

プロの板金から塗装仕上げまでの手順

損傷部分の評価

損傷の程度と範囲を正確に評価します。

必要な修理方法を決定します。

部品の取り外し

修理する部分にアクセスしやすくするため、関連する部品を取り外します。

板金作業

凹みを修正します(ハンマーとドーリー、デントプーラーなどを使用)。

必要に応じて交換部品を取り付けます。

下地処理(サンディング)

修理した箇所をサンドペーパーで研磨します。

番手は粗いものから細かいものへと移行します(例: 80番から400番へ)。

下地処理の手順

洗車:

まず、修理する部分をきれいに洗車します。これにより、塗装面に付着した汚れや油分を除去し、下地処理の効果を高めます。

脱脂:

洗車後、脱脂剤を使用して表面を拭き上げます。これにより、サンディングやプライマーの塗布前の表面を完全に清潔に保ちます。

サンディングのテクニック

適切なサンドペーパー選択:

処理する表面の状態に合わせて、適切な粗さのサンドペーパーを選びます。通常、粗い番手(例: 180番)から始め、徐々に細かい番手へと移行します。

  1. 下地作成と形成 (大まかな修正):
    • 番手: 40~80番
    • 使用目的: デント(へこみ)の修正や、古い塗装の除去に使用します。粗い番手は、素早く大量の素材を取り除くのに適しています。
  2. 下地処理 (平滑化):
    • 番手: 120~180番
    • 使用目的: パテを塗った後の平滑化や、小さな傷の修正に使用します。これらの中間的な番手は、下地を滑らかに整えるのに適しています。
  3. 下塗り前の準備:
    • 番手: 220~320番
    • 使用目的: プライマー塗装前の最終的な表面準備に使用します。この段階でのサンディングは、塗装の密着を高めるために重要です。
  4. 塗装後の処理:
    • 番手: 400~600番
    • 使用目的: 塗装の間や最終塗装層の前に使用し、滑らかな表面を作ります。これにより、塗装が均一になり、美しい仕上がりを実現します。
  5. 最終的な仕上げ:
    • 番手: 800~2000番以上
    • 使用目的: 最終的な研磨や、塗装の微調整に使用します。非常に細かい番手は、表面を非常に滑らかにし、光沢を出すために使われます。

均一な圧力:

サンディングは均一な圧力をかけながら行います。力を入れすぎると不均一な表面になる可能性があります。

水研ぎ:

水研ぎサンドペーパーを使用して、表面をより滑らかにします。これにより、塗装前の表面を最適な状態に整えることができます。

水研ぎの番手とその使用目的

  1. 粗い番手 (400~600番)
    • 使用目的: 塗装の初期段階で使用され、主に下塗り層の表面調整に使われます。この番手は、表面の小さな不均一を取り除き、次の塗装層の密着を向上させるために重要です。
  2. 中間番手 (800~1200番)
    • 使用目的: 塗装層間、特にベースコートやクリアコート前の処理に用いられます。これにより、塗装面がさらに滑らかになり、光沢のある仕上がりを実現します。
  3. 細かい番手 (1500~2000番以上)
    • 使用目的: 最終的なクリアコートの後の仕上げに使用されます。非常に細かい番手の水研ぎは、塗装面の微細な傷を取り除き、高い光沢と滑らかな仕上がりを提供します。これにより、鏡のような光沢が得られます。

水研ぎの注意点

  • 均一な圧力: 圧力を均一に保つことで、表面を均等に研磨し、傷を避けることができます。
  • 水の使用: 定期的に水を交換し、サンドペーパーを清潔に保ちます。これにより、研磨粉の堆積を防ぎ、効果的な研磨が可能になります。
  • 研磨方向: 研磨の方向を変えることで、より均一な仕上がりを実現できます。例えば、一方向に研磨した後、次は90度方向を変えて研磨します。

水研ぎは、塗装工程において非常に重要な役割を果たし、プロフェッショナルな仕上がりには欠かせない工程です。適切な番手と正しい技術で行うことで、高品質な仕上がりが得られます。

パテ作業

凹みや傷をパテで埋め、平滑化します。

パテが乾いたら、細かいサンドペーパーで研磨します。

ロックペイント 057-0015 ロックポリパテ硬化剤エロー 20g 即日発送
PR

脱脂作業

研磨した表面を脱脂剤で清潔にします。

足付け

目的: 足付けは、塗装の密着を高め、塗装面の仕上がりを向上させるための下地処理です。

方法: 中細目のサンドペーパー(例: 400番~600番)を使用して、塗装する表面全体を均一に研磨します。この工程は、塗料が滑らかに定着するための重要なステップです。

表面がツルツルだと塗装が乗りません。

プライマー(サフェイサー)塗布

サンディング、足付け、脱脂の後、プライマーを均一に塗布します。

プライマーが乾燥したら、再度研磨します。

近年ではプラサフと言われる下地塗装が一般的です。

プラサフは、サフェイサー(中塗り)とプライマー(下塗り)の、両方の役割を兼用する下地塗料です。
 細かな傷を埋めて表面を滑らかに整える効果、下地色を一定にすることで、上塗りをムラなく仕上げるというサフェイサーとしての効果にプラスして、鋼鈑との付着性を高めるというプライマーとしての効果も併せ持っています。

表面のクリーニング

塗装前に全体を清掃し、ほこりや汚れを取り除きます。

マスキング

塗装しない部分をマスキングテープや紙で保護します。

塗装の手順

下地、ベースカラー、クリアコートの順番で行います。

サフェーサー(サフェイサー)

  • 目的: サフェーサーは、塗装の下地として使用され、塗料の密着を高め、表面の小さな不均一をカバーします。
  • 塗布方法: サフェーサーは均一に薄く塗布し、完全に乾燥させます。乾燥後、細かいサンドペーパー(例: 600番)で軽く研磨し、滑らかな表面を作ります。

ベースカラー

  • 色の選定: ベースカラーは車のオリジナルカラーに合わせて選びます。色コードは通常、車体のドア枠やエンジンルームに記載されています。
  • 塗装テクニック: ベースカラーは薄く均等に何層かに分けて塗ります。各層を塗る間には十分な乾燥時間を取ります。塗装はスプレーガンを一定の速度で動かしながら行い、均一な厚さを保ちます。

市販のスプレー缶でもある程度きれいに仕上げることは十分可能です。

クリアコート

  • 目的: クリアコートは、塗装に光沢と保護層を提供します。耐久性を高め、色の鮮やかさを長持ちさせます。
  • 塗布方法: クリアコートもまた均一に薄く塗ります。この層は塗装の最終層であり、外観に大きな影響を与えるため、慎重に作業を行います。乾燥後、必要に応じて細かいサンドペーパーで研磨し、さらにワックスやポリッシュで仕上げを行うことで、プロのような光沢を実現します。

商品は一例ですカラー番号をご確認ください

最終研磨

クリアコートが乾いたら、細かいサンドペーパーで最終的な研磨を行います。

ポリッシング

研磨後、表面をポリッシングマシンで磨き、光沢を出します。

最終的なクリーニングとワックスがけ

全体を清掃し、ワックスを塗布して仕上げを行います。コンパウンドの粗目、中目、細目、極細目、最終仕上げ用の順番で行います。黒のような濃色車は専用品を使ったほうが無難です。

部品の取り付け

取り外した部品を元に戻し、最終チェックを行います。

まとめ

自宅での社用車の塗装は、適切な下地処理、正確なカラーマッチング、そして慎重なクリアコート塗布によって、プロの仕上がりに近づけることができます。サフェーサー、ベースカラー、クリアコートの各ステップを正確に実行し、品質にこだわることが重要です。これにより、耐久性と美観を兼ね備えた塗装が可能になります。ただし、塗装は繊細な作業であり、経験や技術が要求されるため、自信がない場合はプロのサービスを利用することも検討してください。

社用車のこっそり修理:成功のための注意点とベストプラクティス

社用車の修理を自分で行うことは、プライバシーを保ちながらコストを節約する有効な方法です。しかし、修理を成功させるためには、いくつかの重要な注意点とベストプラクティスを理解し、適用することが必要です。以下に、その要点をまとめます。

注意点

安全第一:

自分で修理を行う際は、常に安全を最優先に考えてください。適切な保護具を使用し、自分の技術レベルとリスクを正しく評価してください。

正確な診断:

修理する前に、キズや損傷の程度を正確に診断し、適切な修理方法を選択することが重要です。見積もりを誤ると、修理が不完全になるか、余計なコストがかかる可能性があります。

品質の材料と道具:

修理の品質は使用する材料と道具に大きく依存します。可能な限り高品質の材料と正しい道具を選んで使用してください。

ベストプラクティス

丁寧な下地処理:

塗装の成功は下地処理にかかっています。丁寧にサンディングし、脱脂とプライマー塗布を正確に行うことが重要です。

均一な塗装:

塗料は薄く均一に何層にも分けて塗ることが重要です。急いで厚塗りをすると、仕上がりが不均一になったり、塗料がたれたりする原因になります。

適切な乾燥時間の確保:

各塗装工程の間には十分な乾燥時間を確保してください。乾燥が不十分な場合、塗装の品質に影響が出ます。

自力での社用車の修理は、正しい知識と技術があれば、プロのサービスに頼らずとも高品質な結果を得ることが可能です。しかし、自分での修理はリスクも伴うため、自信がない場合や大きな損傷がある場合は、専門家の意見を求めることも重要です。修理の各ステップを丁寧に実行し、品質にこだわることで、長期的に車を美しく保つことができます。

補修用品の選定は知識がないと難しいです。
ソフト99公式サイトで傷の場所や程度を選ぶと必要な補修用品が抽出できます。そのまま選んでまとめて購入するのがおすすめです。

アーカイブ
仕事
シェアする
ぎゃんたろうのスペース
タイトルとURLをコピーしました